業務内容

①地域の医療介護連携の実態把握、課題の検討、課題に応じた施策立案(ア)、(イ)

(ア)地域の医療・介護の資源の把握

地域の医療機関や介護事業所の連絡先や機能等の情報収集を行い、リストやマップなどで共有・活用できるようにします。

(イ)在宅医療・介護連携の課題の抽出と対応策の検討

地域の医療・介護関係者等が参画する会議を開催し在宅医療・介護連携の現状を把握・共有しながら課題の抽出、対応策を検討していきます。

②地域の関係者と関係構築・人材育成(カ)

(カ)医療・介護関係者の研修

地域の医療・介護関係者が連携を図れるよう多職種でのグループワーク等の研修を行います。
また、医療・介護の相互理解がすすむよう研修会などを行っていきます。

※地域の実情に応じて②と③を同時並行で 実施する場合もある。

③ (ア)、(イ)に基づいた取り組みの実施

(ウ)切れ目のない在宅医療と在宅介護の提供体制の構築推進
(エ)医療・介護関係者の情報共有支援
(オ)在宅医療・介護連携に関する相談支援
(キ)地域住民への普及活動
(ク)在宅医療・介護連携に関する関係市町村の連携

※(ア)(イ)(カ)の継続的な実施のプロセスと連動

(ウ)切れ目のない在宅医療と在宅介護の提供体制の構築推進

地域の医療・介護関係者の協力を得ながら、切れ目のない在宅医療サービス体制の構築を目指した取り組みを行っていきます。

(エ)医療・介護関係者の情報共有支援

手順などを含めた情報共有のツールやルール作りなど、それぞれの場面で医療・介護関係者間の情報が共有できるように支援します。

(オ)在宅医療・介護連携に関する相談支援

医療・介護関係者の連携を支援するコーディネーターを配置し、在宅医療・介護連携に関する相談に応じます。

(キ)地域住民への普及啓発

地域住民を対象にしたシンポジウムや講演会を開催し、資源マップやパンフレット、ホームページを利用して、地域住民の在宅医療・介護サービスに関する理解を促進します。

(ク)在宅医療・介護連携に関する関係市町村の連携

複数の関係市町村などが連携して、広域連携が必要な事項について検討します。