【8/24開催】入退院支援多職種研修会のご案内

令和4年度 在宅医療・介護連携推進事業の一環として、下記のとおり入退院支援多職種研修会を開催いたします。

演  題:入退院時におけるスムーズな連携体制には何が必要か? ~多職種で紡ぐ在宅生活~

開催日時:令和4年8月24日(水)19:00~21:00

開催方法:オンライン(Zoomミーティング)開催

趣  旨:入退院時の多職種連携において「病院側が在宅の視点を持っていない」「入退院を繰り返す」「情報共有不足、欲しい情報にずれがある」等の課題が挙がっているため、本人の意思を尊重した支援を行えるよう入院中から“退院後の継続した在宅療養生活を見据えた”多職種連携を行うことを目的とします。

座  長:多鹿 昌幸 氏(読谷村診療所 在宅医)
登 壇 者: 秦 克之 氏(中頭病院 医療ソーシャルワーカー)
     上原 正美 氏(中頭病院 病棟看護師長)
     新垣 俊 氏(介護支援センターさんだん花 主任介護支援専門員)
     玉城 沙由美 氏(どりーむ訪問看護ステーション 訪問看護師)
     山口 尚子 氏(el sol 元氣のたね 介護福祉士)
挨  拶:末永 正機 氏(中部地区医師会老人保健担当理事)

研修内容:●入退院時の患者・利用者支援に関わる各職種の登壇者による事例発表
●グループワーク
●登壇者によるグループディスカッション

対  象:中部地区の医療・介護従事者

参加方法:
こちら、または右記QRコードから必要事項ご入力のうえ事前登録をお願いします。

詳しくは、下記チラシをご覧ください。

Download (PDF, Unknown)